5月6月に開花を迎える芍薬は

 

 

風水では

「富と名誉の象徴」

と言われ縁起のいいお花とされています

 

 

幸せの象徴として

ウエディングブーケとしても人気が高く

 

 

花言葉には

「恥じらい」

「はにかみ」

「思いやり」

「満ち足りた心」

「必ず来る幸せ」

 

など素敵な意味があります

可憐で優しい女性をイメージできる

ピンクの芍薬は

 

「恥じらい」

「はにかみ」

そして

「生まれながらの素質」

純真、無垢、清楚というイメージのある

白い芍薬は

「満ち足りた心」

そして黄色の芍薬は

金運を上げると言われています

 

 

 

必ずくる幸せの由来は

ギリシャ神話で黄泉の国の王の病気を

芍薬の根で治したことから 

 

「病気を打ち払い災難から守った」

 

という意味で必ず来る幸せ

と言われるようになりました

 

平安時代

中国から薬として

日本にやってきた芍薬

 

 

マレーシアでは夫婦の

強い愛のシンボルとも言われています

心配が続く毎日ですが

 

「必ず来る幸せ」

という花言葉を込めて

1日も早い終息を願い

作品をお届け致します

今年の新柄として発表した

芍薬テキスタイルは


2010に完売したテキスタイルの

復刻盤です

 

お客様からのリクエストがとても多く

私自身も大好きだった柄

 

いつか復刻させたいと思い続けて

10年目にして形になりました

当時は復刻する為のルートも知識も全く無く

夢のような願望でしたが

 

いつかの日の為に

数メートル残しておいたテキスタルを見本に

0から新たに型を彫って頂き

美しいテキスタイルが蘇りました

柄の中にある

小さなドット部分はとても復元が難しく

仕上がりに納得がいかない

職人さん自身が

彫り直しを何度もして下さり

いびつな小さなドットを復刻して下さいました

 

美しい女性に例えられる可憐で豪華な芍薬

花言葉などが加わることにより

テキスタイルの見え方

お洋服の楽しみ方の幅が広がり

 

豊かな気持ちになって頂けたら幸せです